新宿5丁目 和味りん さん。

以前のブログでも登場した、和食のお店、「和味 りん」さん。
以前の記事は、
コチラ
とか、facebookでは、
コチラ
(見られない場合はご容赦ください。)

ヒサーシぶりに、おじゃましました。
いつもお世話になっているOさまが、お仲間の快気祝いを開かれるとのこと。
私のブログをご覧になって、記憶にとどめてくださっていたOさん、お会いするたびに「いつか一緒に行きましょう」とお話しておりました。…ところ、この度の快気祝いの主役「姫」さんが、偶然テレビでこちら手製の「胡麻豆腐」をご覧になっていたそうで、どこに行きたいかとの問いに偶然にも「りん」さんの名前があがったそうです。私にもお声をかけてくださり、ご相伴にあずからせていただきました。いやん、もう! 姫、ありがとうございます! Nさま、ありがとうございました。そしてOさま!ほんとうにありがとうございました〜〜〜〜!


もう、ね。
旬を堪能。
丁寧で誠実なお仕事。かつ心躍るお味。
これまた丁寧に選ばれたんだろうなぁ、というおいしい日本酒の数々。
ますます「りん」さんのファンになってしまった。
ちょっと写真でお裾分けしちゃおう。







この日は、アラカルトでいろいろと食しましょうということで。
メニューを開くと、歳時記の春の頁を紐解くような、旬のものが満載。
食べる前から、ほおぅ…、と小さな溜息がこぼれます。笑
いくつかお願いして先ずは生ビールで乾杯をしてましたところ、先付けが参りました。

りん:先付け
つぶ貝。ホタルイカと葱の酢味噌がけ。小松菜だったかな? と椎茸の煮浸し。
なんともかわいらししつらえに、顔がほころびます。

りん:先付けアップ


りん:菜の花の白和え
菜の花の白和え。

りん:ウドとふきとゲソの木の芽和え
うどと蕗とげその木の実和え


ちなみにお酒は、三重の地酒、純米「三千櫻」をたのみました。
皆で口にしたとたんに、「うま〜い」と声が出たのには笑い合ってしまった。
しっとりと、きめの細やかなもっちり肌、のお酒という感じ。笑


りん:お造り盛り合わせ
どーん。
楽しみにしていたお造りの盛り合わせです!
なとまぁ春らしいお皿♪

りん:お造りややアップ
この日は、青森の桜マス、伊東の浜鯛、長崎の黒ムツ、釣りアジ、それからもう一つ、あれ、なんだったかな、甘鯛…じゃなくて、ありゃ、すみません、わすれてしまった。なんたることー!


りん:お造りアップ
それぞれがそれぞれの持ち味を存分に発揮、というか、脂ののり具合、身の具合もそれぞれすべてちがってちょ〜どい〜い塩梅というのでしょうか、ひとつ口にするたびにふぅ…と噛み締め楽しむ。感動です。浜鯛の脂の加減と甘みがすごかったなー。櫻マスの寝かせ加減も絶品。どれを口にしても溜息。日本酒の進むこと進むこと。


そうして炊き合わせも参りました。
りん:炊き合わせ


りん:炊き合わせアップ
蕗の信太巻き、筍、にしん。幸せ。



この間にも、男性陣は焼酎に移られましたが、女性二人は日本酒続行。
最初の三千櫻のあと、九郎右衛門、ほか2、3種のんでいたはずだが、名前忘れてる。笑

りん:酒器
お酒が変わるたびに、酒器も変わる。漆の酒器との合わせのおちょこも素敵。
和食って、器の合わせもほんとうに目に楽しいですよね。


りん:山菜の天ぷらと合鴨ロース
山菜の天ぷら(こごみ、たらの芽、キノコなどなど)、合鴨のロース(白髪にしたサラシネギとみょうがの外皮←うども入っていたキもするが気のせいかも…、それにゆず胡椒も添えられていました)。
このあたり、みんなで喋りに喋って盛り上がっていたら最初に写真を撮るのを忘れてしまったのです。せめて残骸の前に撮ることができてよかった。笑


そうこうしているうちに、遅れていらしたお一人が到着! よかったぁ〜♪
そうして彼女が頼んでくださったのがまた、うぅ〜ん♪

りん:くじらおのみ
ナガスクジラの尾の身。

りん:くじらおのみアップ
たまりません。


彼女が頼まれた「黒龍」(いちょらい、だったかな)。
おいしかったなー。このあたりはもう720mL頼んで、やはり女性陣三人で。笑

りん:焼き筍
そして最後に、焼き筍。
香ばしさと歯ごたえの楽しさと、隠し包丁の絶妙さと。笑

りん:焼き筍アップ





はー。
目で鼻で舌で堪能。胃袋満足。大好きな方々との楽しい語らいと美酒。
心が満たされました。充〜電〜。

こちらの大将、板長の芳賀さんのブログや、facebook
毎日の地方からの空輸や東京近郊からの仕入れの様子があがっていて、ほんとうに楽しいです!
丁寧なお仕事をされるなーと、そのことにもいつも感動するのですが、なにげに新しい試みとか、研究家、探求家、求道者のような。笑。私はまだ来訪3度目でしたが(1年に1回ペース。笑)、最初にお伺いしてファンになり、その後お店のfacebookを始められたのをみつけて「いいね」させていただいたのがご縁で、その後facebookお友達になっていただいたのでした。日々アップされている記事を見ると、その生真面目さと、意外にファンキーなチャレンジ精神(笑)が、ほっとするお味と心躍る美味しさをくださるんではないかなーと勝手にインスパイアーされております。芳賀さん、ありがとうございました!細やかな気配りをくださった女将さん、ありがとうございました! ごちそうさん♪です!

みなさんも機会あれば、ぜひ運ばれてみてください〜♪
お掃除と手入れの行き届いた店内に、美しい女将さんが迎え入れてくれますよー。


Oさま、ほんとうにお世話になりました。
ありがとうございました!





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

nikopoo

Author:nikopoo
スタンダードジャズを中心にうたっています。旧ブログはコチラ↓
このごろのくどうりょうこ
http://kudochanlive.blog.so-net.ne.jp/

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR